やる夫とビアンカ 目次

やる夫とビアンカ 目次




1 再会という名のエレジー
2 センチメンタル不協和音
3 パラドックスの細胞分裂
4 明滅する妄執アンビエント
5 嘘吐きの鏡は平和を口にする
6 惰性で描かれた国宝絵画
7 言葉なき退廃的トランスレーション
8 君の夢には棘がある
9 麗しき私だけのアビス
10 蒙昧なるペールトーンの眩暈
11 焼け落ちた耳鳴りのフェルマータ
おまけ ビッチ・ボッチ・ステーション
12 明日に模造されるトラウマ
13 埋没したてのシンメトリ
14 無縁仏と秋の空
15 反逆するモノクローム
16 G線上のトートロジー
17 ナーヴァスな右手とストイックな左腕
18 午後に這い寄るカプリッツィオ
19 五日目の夜に神は飽きた
X 不意に流れだすレクイエム
埋めネタ
20 祈る声をかき消す大音量のミュート
できる夫と偽ビアンカ 再会という名のミザリー
21 薔薇色の大河を越えて
22 彼女は見つめる死線の先に
23 追憶が奏でるナイトメア
24 うたかたに溶け込んだアルペジオ
25 王の帰還に蓮華の花束を
配役表
26 慈悲なき時計は君を忘れなかったか
モズグス様がみてる
27 断罪を求めし産声のリフレイン
特攻メモリアル
28 嫋やかに過酷を歌う羅針盤
29 メランコリックは潮騒に伴って
30 迫りくるノスタルジア
31 あの日パパと二人で
32 テクノ仕掛けの上昇気流
33 禁じられたグラデーション
34 記憶に仕組まれたクレッシェンド
35 魂魄に刻まれたフォルテシモ
36 両手いっぱいの恩讐を
37 朽ちゆくハイトーンのスペクトル
38 ノイズ混じりのイミテーション
39 降り注ぐ絢爛のピリオド
40 あらかじめ横たえられた福音チャペル
41 グラスから零れ落ちた未来 
42 色褪せぬ失くしたはずのラブソング
43 あるいは儚いセルロイドの夢
44 そして虚飾はオーロラになった
やる夫とミレーユ 遥か遠き日のデジャビュ
45 窓辺に座したアレグロモデラート
小ネタ
46 乱反射するスタッカートのように
47 日蝕間近に手の鳴る方へ
48 そのソプラノは白夜にも似た
49 拭い去るためのモンタージュ
50 ロゴスを齧った音無き世界
過去シーンを振り返る配役表
小ネタ
51 雨ざらしのイノセント
52 水面を彩るリザインの肖像
53 君臨する揮発性インソムニア
54 オルゴールから漏れた嗚咽の連鎖
55 再発する七色シュプレヒコール
56 亡き王女の為のカタストロフ
57 星座の食べ残したハーモニクス
58 たとえば瞼裏のシュルレアリスム
59 死せるワルツの美辞麗句
60 神話を射落とすヴィブラート
61 ラズベリースカイとダイアモンドコルセット
62 地虫を嗤う羽虫のコンチェルト
おまけ
63 蜂の巣式ディストーション
おまけ
64 箱庭に並べたメメント・モリ
65 風と去りぬ無貌のメロディ
おまけ
66 逆さ吊りのコッペリア
67 二文字に省略された絶対に叶えたい望み
68 指先に騙られたセーフティ
69 張り詰めた螺旋状カムフラージュ
70 影絵に満たぬタイトロープ
71 フィルター越しのエゴイズム






関連記事
[ 2013/05/11 ] やる夫とビアンカ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する