『音速さん的八傑衆@お気に入りのキャラ』

344 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/06/01(土) 01:20:44 ID:UI0H44vM

       , -―――― 、
      /         \        気晴らしにつれづれなるかな
    /             i
    !     ○   ○   i
   |         _,-、   |      某所で『スレ主的八傑衆@人妻・BBA』
    i         _,ノ   ノ      ってキャラ設定のエロ談義やってる
    ヽ        、_,)   /
      ヽ.        _../        書き溜めもそこそこ進んだし、
        --------           俺もそんなんやってみようと思う



           _ _,,..--―ー―--..,,_ _
        ,.-''´             `ヽ、
       /                     \
     , '        ,,.._        ,,.._      ヽ           題して『音速さん的八傑衆@お気に入りのキャラ』
     /        {  }       {  }      ',
    /        `-''  __   `''´       l
    !             (  ヽ           l
    l            ゝ             l _,,. ,,. __     なんも考えずに書き溜め無しの
    l             (             / { r''_,. ヽ    勢いだけで始めるから、投下感覚長いよ
    '、           ''ー''          / `''{´__  _}
     ヽ                     /   {、_   !
      \                    `ヽ_ノヽ、_  ,ノ
      __>-――――――――-....,,,...く`ヽ、__,.-‐''"´
_,.-―''"´   ___________  ̄`''ー--..,,,_


345 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/06/01(土) 01:38:00 ID:UI0H44vM

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             ①:コーネリア・リ・ブリタニア
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                      __  __
                   .  ´.::.::.::.`ヽ.::.::.::.:`ヽ.
                /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ::.::.::.::.:.\
               /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ
                 /.::.::.::.::.:/.::.::.::.::.::.:.`ヽ.::.::⌒ヽ::.::.::ヽ
     .         /.::.::.::.::.:/ .::/.::.::.::.::.::.::.:,:ヘ::.::.::.::.::.::、::.::.:ヽ
           /.:.::.::.::.::/.::.:/.:.:.:.::.:.:.::.::./.::.:}::ノ.:、::.::.::.、::.::.:',
           /.:.::.::.::.:./.::.::.:/.::.. :. .: . .::./⌒`^´⌒ヽ::.::.: :.:、::}
         | ::.::.::.::./.::.::.::.:/.::. : . .:. .::.:/         '.::. :. :.∨
         { :.::.::./.:.:.::.::.:/.::.::. .:.::.::./_ ノ      j::.::.:、::.\
         レ'.::./.:.:.::.:/.::.::.::.:.:.::.:∠孑≦``  7二斗::.::.:ヽ.::.::.ヽ
         i::.::{::.::./.::.::./.::.::.ィ 7fヱ癶    化タ^∧::.::.::.::.、::.:ノ
         l::.::.:/.::.::.::/.:Y´::.:{  ::::::::::::::.   ! .::::::::/.:∧::.::.::.::∨
        ノ.:/::.::.::.::./.::.::{::.::厶__      }    .':.:/::.::',::.::.::.::}
       く::./.::.::.::.::.::/.::.::.::.辷彡弓}     ‐- ./.:,:'.::.::.::.}.::.:_ノ
       :  : 、::.::.::.::.:{::.::.::.::.::.::.::.::.::タ_`__、   イ::./.::.::.::.ノく .
             \.:.:.::j::.::.::.::.:\::.イ    了  ≧=─- ミ:.}::}
           γ ヾ.::}、::.::.::.::.::.:ヽ{                   `ヽ
.          l _ `∧ヽ、::.::.::.::.:\ ≧=- γ´          r 、
         Y: : : : : `:.ヽ::.\::.::.::.::.::.ヽ              , ': :::.V
.         l : : ::> : : : ',::.::.ヽ::.::.::.::.::}            ` /: : : : 八
           人 : : iイ: :>: }::.::.::.:\::.::ノ、   `ヽ     /: : : : /:.',
            l:: : :|:{: : : : ノ.::.::.::.::.::.::〈 : :\    :.  /: : : :./:.ヽ: :.V
           ∧: : !:ゝ~´.::.::.::.::.::.::.::.:ト 、: :`: : ̄: ´: : : ; : ’; : : ::.V: }
           〈: :_人::__::.ノ.::.::.::.::.::.::}.::j: :.> : : : : : : <:',: : : V: : : }:/
         入: : : :ゝ-.:.:.:.:_:.: 彡く |: : : : :| `¨´l: : : :.l: : : :}: : :.八
             '; : : : : :';入: : : : ; : : : :!: : : : }: : : :.l: : : :.}: : : ′:/:l: l
            ハ: : : : : V: \: ::.',: : : :|: : : : l: : : /: : : /: : :/:/:::.|: |
.            ∧: : : :::.V: : :≧=─: :l: :- : |: :ー─==≦アl: : :|: :|:〈
               }: : : : : :V: :V: : : :): : }: : : !: : :l: : : :): /l |: : :l: :l: :}
               八: : : : :. ';: :.V: : 人: :l: : :.|: : :.l: : : :l: : :从l: : :|: :| イ
                 ヽ: : : : :V:::.V: : ハ |: : ! : : }: : : :l: : {: :l : : |: :|: |

346 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/06/01(土) 01:38:56 ID:UI0H44vM

やる夫(主人公)の担任の女教師

生徒達からも同僚からも『完璧超人』扱いされており、
また本人もそれにこたえて成果を出しているため、浮いた噂の一つもない

けど、彼女も年頃の普通の女、性欲も人並みにあるし、
恋だ愛だにあこがれる一面もある

コーネリアの幼馴染であるやる夫は、
そういう『女としての一面』を知っており、それなりに好意も抱いているものの、
さえない学生である自分と、立派な社会人であるコーネリアとでは、
まるで釣り合わないと思ってしまっている

だが、彼女がいつまでも一人であるというのも、コーネリアの両親としては心配でたまらない

そこでセッティングされたのがお見合いであり、
ぐずるコーネリアも服だ化粧だアクセサリーだと準備を整える

慣れないドレスアップをした感想を求められたやる夫は、
何故そんなことをするのかを問い詰め・・・・・・

見合いの話を聞くにおよび、コーネリアを押し倒す

『お、弟みたいに思われてるってのはわかってるけど、ずっとずっと好きだった!!
 知らない男の所になんか、嫁に行かないでくれ!!』

叫び、ボロボロ泣きながらむしゃぶりついてくるやる夫の頭を撫でたコーネリアは、
『じゃあ、お見合いはドタキャンするけど。 責任、とれる?』と問いかける

当然、やる夫は首を縦に振り・・・・・・

若い二人は情熱的な一夜の末に結ばれるハッピーエンド


オチは、『立派な大人になるために』

学校でも家でも、マンツーマンで学習させられるやる夫がぼやくシーン

347 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/06/01(土) 01:50:59 ID:UI0H44vM

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                ②:織斑千冬
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                 __________
              /:::⌒'′:::::::::::::::::::`::...、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
            .:::::::::::::::::::「:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::.
          /:::::::::::::::::::: ; :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         ,'::::::::::::::::::: : i; : :::::::::::|::::::::::\::::::、:::::\:\_
          i/::::::′ :::::::::|i::::::::::::::i|:::::::::::::::\::::\::∧ ̄
          ,.'::/:/:::::::::::::::八:::::::::::八__::\::::::::\::::::::∧
       /イ /::::::: /:::_」|::|\:: : :| \斗x 、:::::: `::‐-∧_
         |/:::::::::/::´::八:|  \::| ,イ__刈 〉.ノ`T::¨ ̄:::::`ヽ
            /:::::::,.:′::ィ _ノ    \乂:ツ'′:::/:::::::ヽ::::::::::::}
        ,.:′///丶 r=ミ///////::/):::::::::::}::::;::::::;<
.        /⌒|::::::}|:::::::::≧=- //丶//// 八::::〆′ }::::;′  ヽ
        /.:|::::::{|::::::::::人      --、  /   ̄ //j:/     ’,
         {:人:::八:::::::::\>   `ー‐ /   /            V
          |′ \} \__:::::\     `¨ヽ    /      _’,
             γ    \ }   \    /           `  、   :.
           ′    , ‐‐        , ´              丶   V
           .:   /          丶 /         :::r=ミ:::  ’,  V  _  -─‐ ミ
          l:  , '             Y            ::::` ´::::   ',  У        ヽ
           | /r=ミ::::            :                    } , ′            ’,
            l ,':::` ´:::           ',                   , '              V
             l :                 入                ,               V
           .l l              ノ  `  、         ./
           : 八                     >  == /     ;
         ,:  ’,                        }/      .:               V
        V    丶       /                   /         l                   V
        ,′    /  ̄ ',                     /        |
         /       /      :.                  /         :|
.       /     :       ハ                  /           |
      /      ∧       ノ                /         |
 <    /     .′     , '       ‐‐      /            |
    ≧ ′    /      /               ′           l
      ≧  /      ./                    ′            :.
           ≧   /                   ,′          ∧
             ’ 、                 .:                ∧
               丶                ,'             ∧

348 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/06/01(土) 01:51:17 ID:UI0H44vM

やる夫の実姉

両親を早くに亡くし、祖父母の家で育ってきた二人きりの姉弟は、
姉の就職と同時に祖父母の家を出て自立生活を始める

幼いころから、お互いだけがよりどころだった姉弟は、
何時しか禁断の愛をその胸に抱いていた

無論、それは思うだけではとどまることなく、祖父母の目を盗み、
お互いの身体の隅々まで知り尽くすほど濃厚な愛の時間を持っていたのだ

起き抜け、祖父母が起きだしてくる前に一発、
学校から帰ってきたばかりの慌ただしい時間に制服姿のまま一発、
家人が寝静まった夜中に、布団の上で濃厚な一発

時折、禁じられた愛に悩み、、
それを異常なことであるとして、他に相手を見つけるべく奮闘したりもしていたが

結局、どんな男と付き合っても、誰を相手にしても、
たった二人の家族のつながりにはかなうべくもないと悟ってしまう

そして新居に移った二人は、手をつないで敷居をまたぐ

これで誰はばかることなく愛し合い、子を産み、育てていけるとして


周囲では誰一人として自分たちを知らない新天地で、
姉弟は、夫婦になるのであった

353 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/06/01(土) 02:08:05 ID:UI0H44vM

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                ③:ナタル・バジルール
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                        _.... -───-.._
                     x≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、
                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
                , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::γ ミ:::::::::::ヘ
               ′::::::::/′:::::::::::ト::::ト:::::::::::{/  Ⅶ:::ヾ::ハ
                .:::::::::::/:::{:::::::::::::::| x≧ミヾ::::{ ー‐ l :::::::::: l
                |::::::::γ=.V::::::::::八戈赱ソ丶\r=ミ::::::::::: l
               Ⅶ::::′  V:::::::ハヘ///////{::::::::ハリ
                  ヽ:::八 ヒ ヾヽヽV丶///;//l:::::从/
                 \:::>  丶ヽヽ        .从/
                  \:::::.ミ       `こフ´/
                      `ーミ 丶.  _   /
                     / ',      7 ´ ≦ ──-  、
                 x≦    ,      /              丶
            > ´        ,    /                V
           ′     `  、       x≦            :.
           l          \    /       /      !
             .l   ヽ                     ′     :
            八     ’,         V            l       ハ
           .∧   /        l           .l         ハ
            ∧.  /         |         |       .∧
               ∧ .′         |         |      ′   x   ̄    、
                .Y         :.            |      .′   , '          丶
               |          ',         l      :   /            ヽ
                {::.、           ’,     ::::::r=::|.      l  ./              丶
               人::::.          /丶   :::::::ゞ |      .{ /                 丶
                 ト   _   .ィ       ̄ ̄ l     V                     ヽ
. γ  ̄ ̄ ̄   ‐-   _ |     T .′           .l       V      、             ’,
 /                  |      l/       ‐-    :.       V      ヽ
. ′                 |     l、             ハ.       V         ∧
.′                 |     |丶.            ハ      l           ’
.l               |      |   \             :.     l         ト、
八                   |       |    \          .∧     l        .: \
.  ヽ   ー‐- 、     l      .l      \.        ∧     :.          /    >
   ’       \    |      l          ヽ.         ∧    ,      /
    ヽ        \  .|    |           ,   入.  ∧    V    /
      \       丶 _}    |            γ:.:.:.:ミ ∧    } ̄ ¨¨ ニ _ \
        丶   _γ>=.j     |           Y: : : : : .ヽ ハ     ー─-=ァ、` <

354 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/06/01(土) 02:08:25 ID:UI0H44vM
やる夫の秘書

父親が所有する会社に、役員待遇で就職したやる夫

その、ド素人の役員につけられたのが、
秘書課でも1、2を争う才媛ナタル・バジルールである

それなり以上の能力はあるが、
怠け癖が少々目につき、セクハラの言動を隠そうともしないやる夫に、
ナタルは辛抱強く仕事を教え込んでいく

で、やる夫が入社してから半年ほどの後、
日常の礼ということで、やる夫行きつけの高級バーに連れて行かれたナタルは
慣れない酒を大量に流し込んで、前後不覚に陥ってしまう

そして古来より鉄板のコンボ・・・・・・

『酔った女をホテルに連れ込んで突っ込む』が発動

女を幾人も組み伏せ、泣かせてきたやる夫と
仕事一筋に生きてきたナタルでは勝負になるはずもなく、
ナタルはやる夫の手によって女の悦びを何度も何度も嘗めさせられ、
感極まって失神まで経験させられる

その時に撮影した写メ、ムービーなどをネタに、
やる夫はウブな秘書を愛人へと作り変える遊びに没頭し始める

緊縛、バイブ、ソフトスパンキング、リモコンローター調教、
縄下着での業務・・・・・・・

そして季節が一巡する頃に、ナタルはやる夫の呼び出しを受けて、
役員室のドアを開け・・・・・・

後ろ手に扉を締めながら、ブラウスのボタンをはずして、
縄に彩られたその肌を晒し始めるのであった・・・・・・




358 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/06/01(土) 02:31:16 ID:UI0H44vM

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                  ④:ファサリナ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

             l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽヽ
             |:.l:.: . : . : . : . ::|: .|: .|!:.:.:.l:.:.:.:.:.:ヽ: . : . :l
             |:|:.:.: . : ./: . : .l|: .l: .ハ: . ',: . l: . :';.:.:.:.:.:|
              |:|: . : . :l: . : . l.|:.⊥|  l:.:.-ヽ、ト:.:.:l:.:.:.:.:l:!
             .|:.|:.:.:.:.:.:|:.:./:.7|´ |/|  ';_ヽ:.ヽ|ヽ:| :.:.:.:|:|
             |:.:.|:.:.:.:.:.|:.:|:/ -云、ノ   !jィtィz-、Ll:.:.:.|:.|
              !:.:.:l:.:.:.:.:.|:|jィ_㍗''^    ! ヽ´ ̄´′|:.:.:!:.:|
            |:.:.:.:';:.:.:.:.:ト!`´        !  ゙、   ハ:./:.:.:|
            .|:.l:.:.:.:ヽ;.:.:ハ        l  l:   ,'l:/:.:.:.: |
            |:.:|:.:.:.:.:.:\:.:ヽ      __ _ リ  /ン:.:.:.:.:.:.:|
            .|.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ、:\   ´ ー'´   /:/:.:._:_:_:.: l|
            |:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| X‐|> 、.   /{×|´__ ヽ|
           .|:.:.:.|:.:.:.:.;、 -─l|`ーjニヽc_`ニ´oィ|イ|´\:.:./`ソ:|
          /:.:.:.:ハ/,、 - ¬ |;:::::::::: ̄|O○|::::::::|\ Y /:|: |
          /:.:.:.:.l:.:∨ ̄ヽ:.:.| |;::::::::::::::|   |::::::::|:.:.:.レ∨:.:.|:.:|
         ;゙:.:.:.:.:.l:.:.:.|:`丶、 ` ム::::::::::::::|  |::::::::|:.:./ヽ∧:.: |:.:.|
         ,':.:.:.:.:.:.l:./|:.:.:.:.:.:.}  lヾ、:::::::::::|  |::::::::|:/ /| |:.:.|\|
         !:.:.:.:.:/::::::::'、:.:.:.:.:|  |\\::::::ヽノ:::::::/ /:.:.:.:| |://::`丶

中世ファンタジーのような世界観で


とある都市の貧民街の住人である、
やる夫の家の近所に住んでいる年上の女性

その近辺の住人にとって『春を売って生活している』事は別段珍しくもなく、
彼女も父親と自分を喰わせるために、毎夜仕事のために辻に立っていた

その父親というのが、飲む打つ買うを地で行く絵にかいたような穀潰し

娘の稼ぎの大半を呑み、打ちに使ってしまい、
ファサリナの顔には微笑みが浮かぶことはなかった

そんな彼女を、やる夫はその境遇から救い出したい、と心底願っており
その町で一人前の労働力と数えられるようになる13歳になったとき

ファサリナに駆け落ちを申し出る

が、現実を見ているファサリナはそれを承諾することはなく、
悲しげに微笑んでからまたその日も辻に出て行った

あきらめきれないやる夫は、
次の日、ファサリナの家に押しかけてまた駆け落ちを迫ったところ、
彼女の父親に見つかってしたたかにぶんなぐられる

力の不足という現実を思い知ったやる夫は、
その足で貧民街を飛び出し、都へと向かう

ファサリナを救う

ただそれだけを願うやる夫が、都で衛兵として職を得て、
剣の扱いを学んだ後に冒険者として頭角を現すまでに三年

稼いだ金を目の前に叩きつけ、ファサリナを貰い受けようと息巻くやる夫のにむかい、
父親は言い放つ

『娘は、借金のカタで遊郭に行った』

成長期のやる夫の三年、衰える一方の父親の三年

血を吐くほどきつく唇をかみしめながら、
やる夫は教えられた遊郭に向かい・・・・・・

苦労が祟ったか、肺を病んだファサリナを見受けする

それから一年、ファサリナがこんなに楽しい生活は初めてだと口にする、
甘く切ない暮らし

やつれてゆく頬に笑みを浮かべ、毎日毎日、何度も何度もありがとうと口にしながら、
ファサリナはろうそくの炎が消えるかのように逝ってしまう

やる夫は彼女の葬儀を済ませ、墓の前でひとしきり泣いてから・・・・・・
一輪の花を捧げ、愛用の剣をもって再び根無し草へと戻っていく

後に荒れ狂う世に小さいながらも国を興した王は、
生涯独身であったという・・・・・・

362 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/06/01(土) 02:45:35 ID:UI0H44vM
次のネタ(バカ話)で使う名前募集

『世界征服を企む悪の秘密結社の名前』

なんか、脳髄直撃するようなヤツをたのんます

364 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/06/01(土) 03:03:16 ID:UI0H44vM



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                  ⑤:天羽雅音
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                                  } : i
                         , . . -―- 、 ,': : }
                    ,  <´: : : ; ィ-‐-、: :V: : /
                  /: : :> "   , . .-、 ヽ}: /
                /; ィ"    , . ´: ―- ミ}/:/-、
              /イ ,   /: : : : : : /: : ヽ: : : ヽ  イ}
            /"  ィ/   /: : : : : : :/: : : : : :ヽ: : :  ̄: :/
               イ:廴, イ/: : : : : : /: : : : : : : : : : : ヾ-<
                  ヽ: : : /: : : : |: : /: : : ハ: : : : : : }ヽ: }―ヾ
                , zz//7{ イ: :i : : Vイ: ハi : Vヘ: }: : :l: : :}   `
          ,、_zィ////////{ ハ {ヽ: {弋ュ、|ハィ弐ァl : /:ィミ \        j
     , zっf_ノツ////>'''"´ ヾ乂{ |弋ノ  ', ' {、}: /: イ/r\: \      /:}
  z<辷ィニ=<///´           >、ヘ :\ t-‐ァ >" ト{//}///ヽ: : ` ー‐≦: /
>"´fYゞむ⌒<"7      _,ノ: :/イヾ{´ 丶イ -‐リ//ノ////∧ィ: : : : : >
   { Mそ´  }/|      ` 7 ://'"` ヾ     ノ/ ヾ//ヽ//} ̄ ̄´> 、
.    ヾ `   リ'       /: イ|{、    У ,ィ////ヽ, )//}//: : ;r、 : : : :\
                   レ {//戈i  /     ヽ//Y//リ//ト、: \ ̄`ヽ: :ヽ
                 '  ',乂ィ´  ,' 「武、   ノ/∨///イ:}  \: :',    `ソ
      __          ヾ、'    ', ヾ/////// V∨//〈   ヽ:',
    ////////>ュ 、_       ` ̄ヽ r7>=彡   '//{ハ     ',:}
   ///////////f´ ̄`゛ヾ` 、        >r―''゙i    ハ l/イ、   レ
  f <//////////∧       ` <, zzイ { /_,   {   ハ///リ/ヽ
  ', ∨//////ヽ///ヽ          ` <:弋7_/    ト/ハ/}//}
  ハ ∨///////ヽ///\          ヽ: : : /    l    }人/ト
   ハ ∨////////∧////>t         ∨/,     i    }∨  `  、
    ヽ∨////////∧////{          ', }     i   / レ'      ヽ
      ハ∨////////ハ///:ハ         fハ ∧  /,z/           \
       \ヾ////////ト//∧         {||Y/∧_//             _ \
        .ヾ∨//// ∧ \∧         V////イ               }//\`
         `\/////∧ヘ``   、_   ノ}////{               ∨///
             \/////ハヽ      ̄´   i///从`> 、               ∨//
             ヾ//////リ           リ/r^ュ∧  {/>、    //≧ュ__リ//
             }}//////|}         ト"//三}   ∨{//> 、 {/////////

365 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/06/01(土) 03:03:39 ID:UI0H44vM

来年小学校に入学する娘を持つ、バツ1のシングルマザー天羽雅音

彼女がごく普通の母であったのは、半年前までの話

今の彼女は、ことあれば『ういっち♥ぶれすれっど』を高く掲げて
変身し、人間界征服を狙う悪の組織『チャックの栗鼠』と戦う、
『ういっち♥ぶれいど』の戦士なのだ!!

ちなみに、出撃一回に対して10万の基本給+危険手当などの諸手当
(経費、社会保障費など控除済み)が支給される、かなり割のいい仕事である!!

割りがいいが、変身ヒロインという珍妙な職業に着いている理由は・・・・・・

半年前、浮気性の旦那と離婚が成立した腹いせである!!

離婚が成立し、むかっ腹を立てていた雅音が、
ネットで探し出した仕事・・・・・・

『体力に自信のある女性求む。 資格不必要、交通費全額支給、給料歩合制、賞与年二回etc』
に応募し、見事合格してのけたという訳だ

この変身システムを開発したのは、地獄のマッドサイエンティストの異名名高い
デスティ・ノヴァ教授である!!

その助手であるやる夫は、
雅音が変身するたびにそのデータを取って、
変身システムの機能向上に努めているのである


で、その変身にかかわる最大の問題は・・・・・・

闘いに挑む際の変身で、脳が強烈に刺激されるため、
変身解除後に発情というのもおこがましいほどの
むらむらたまらん状態になってしまうことなのだ

闘いを終えて帰還したあとで、雅音は発情しきった体を惜しげもなくさらし、
やる夫を研究室の床に押し倒して・・・・・・

ちんこそそり立たせたやる夫の上に跨るのである

二時間ほどかけてたっぷりとサービスした後で、
雅音はやる夫と並んで布団に寝そべりながら、たわいもない話に興じる

その時間は、やる夫にとっても悪くない時間なのであるが・・・・・・

その前の時間、布団の上で自分に跨り、股を開いて挑発し、
萎えたちんこにむしゃぶりつくようにしてそそり立たせるその貪婪さは、
早いとこ何とかしなくちゃなあと思うのであった



376 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/06/02(日) 01:43:13 ID:IlVwd2h.

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                ⑥:シェリル・ノーム
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                ,, ー-  - 、     ` ヽ 、
              ,,イ          ` 丶 、    `ヾ、
            /            ィッッィ、 ` ヽ 、   ヽ
         ,,__ij/           イツ从  从トトヽ,,, `ヽヽ ヽ__
        ィイィ≧ト,ヽ         /ハ /、トド ヽヽ ヽヾ ヽ  `ヾー 、 `ヽィ
        ゙'''ヽ   ヽ        ハ ハィ  ド >ー- ヾヾ ヾ    ヾヽ_ィ-'"
           〉  ./丶      i 从 ハト .トィ'"´ヾi ト', j j ',ハ     ヽ `ト、
          /   ./  .ヽ    .,'从 こ'''`ヾト  セ戒ィjィイ j j j ハ     ヽド''
         ./   .,'     \  j{トト ドヒ戒   /// ( ィ j/  j ドi     ヽ
        /   j       `ヽ丶ヾト,// ,'        j/  / ハト      ',
        /    i          ` )トト 、  _,, -   // / イ jト,      .',
       ,'    l          ,/ノハ .丶、     イ / /ハ ハ      }
       .l    `''' - 、     /イイ  イ冫 ヽ_ イ j  j / /∧ ∧_    j
       丶、        ` '''''' ´  ̄ ̄ツツイイツ  )   iji i/ j j ヽヾ ヾ`ヽ,, イ
         `ヾ、          、  /// j j ー 、   jヾ (j j>ー、ヽ ヽ j
            `ヽ 、      ヽ レ'   j      ヾヽヾ  ゙ヾ 、 `ヽヽj
               イシ`'''≫ド, イ´ ィ'"´         `ヾ、、   `ヽ ',ド 、
            イ/ / // i ィイィ イ      、      ヾヾヾヽ  j トトメ',
           //  / // /ハ /         ',    _ ヽヾ、ヾヽト∨ ヾ j j
          .,' イ  ,' /  / ノ/          j/    `ヾ、ヽゝ` ヽヽ ヽjイイj
          .l l   j j  /イ  l   :::c::     ,'       `ヽ    ! ィ 〉ィj
          .', ',  '、  イイ/ ハ    ` ´     ィ     :::c::   ヽ  イハ ハ从
          ヽヽ  ヽイハ ヾヽヽ        ノ i     ` ´    j j! ',/ハ从
            \ ヽヽ 辷ゝィィ Y、    / ヽ         ,' i iハハ从
              ` イ ツ ヽヽ〉 i  ̄      丶       ノ  i イイヘ ヘヘ
             ィイ辷イイ イ )) ',         ` ー- -‐ '7   /ン从从 ハヘ
           /// / イ (( ヾヾj               /  /イ イィ ヾヾ 〉〉
           ( ( `ヾヾ ヾヾトトヽ/              /フ ィイイソイ イシ''
           ` ヾ辷ィ゙ヽ /,,,ー‐ '              ,' / /‐ー<辷イ jイ
           ,, イ   ィ'´    "     ィ        i/イイ洲ッイイ ィシ'
        _ ィイッイ             ´        .l ヾl ̄ ̄ イ//
  ,, - '" ̄          、                  ! >> (( //
                  j              /   /<イ _ イ´
                  .i            イ  ,,>'''ー-- 、"
                   ',           / /        `ヽ
                   .',          .//            .`ヽ
                   ヽ   ,     /                ヽ
                  丶   i   /
               -ー'´´ ̄`'''''`'''''''´(

377 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/06/02(日) 01:43:26 ID:IlVwd2h.

栄枯盛衰の激しいアイドル業界で現在押しも押されぬ女王であるシェリル・ノーム

ステージライブ、コンサートツアー、各種CM撮影にテレビゲスト・・・・・・

息をつく暇もない彼女を公私にわたって支えるのは、
彼女のマネージャーであるやる夫である

スケジュール管理、食事管理によるカロリー制限、
スタイル維持のための各種フィットネスプラン立案

シェリル曰く、やる夫の言いつけは『小姑のように』のだが、
彼女がそれを拒否することはない

デビュー直後のどさまわり、メジャーに駆け上がる際の超過密スケジュール、
トップに躍りでた後の追撃に怯えるシェリルへのケア

デビュー直後からの付き合いである二人は、
苦楽を共にすることで信頼を愛にはぐくんでいたのだ

といっても、マネージャーが担当アイドルに
手を付けているなどということは公にできるわけもなく、
二人はいつも一緒に居るのに気軽に手もつなげないという
近くて遠い付き合いを続けることになる

近くに居るのに遠い存在であるというジレンマは、
コンサートツアー終了後の休暇、
ロケ地でのホテルなどで一気に爆発する

豊富な衣装を使っての二人きりのファッションショー、
そして二人だけのためのPV作成、
入念な内外からのボディコンディションチェック


時間をかけてたっぷりと愛を交わし、
内から輝くような精気を滲み出させるシェリルは、
ベッドの隣に横たわるやる夫に向かってそっと囁く

『フィットネスのメニュー、これにしてくれたら・・・・・・
 毎日でもサボらないんだけどなあ』

やる夫は苦笑いしながらも、
我儘で手がかかって、だからこそ愛しいアイドルの頭を撫でる

『さ、バカ言ってないで
 ゆっくりできるのは今日の夜までなんだから・・・・・・
 とりあえず一眠りするお』

『じゃ、一眠りして腹ごしらえしたら、時間一杯愛してね』

すかさず言葉を切り返すシェリルに向かい、やる夫は軽いキスをしてから、
部屋の照明を落とすのであった

380 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/06/02(日) 02:08:48 ID:IlVwd2h.

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                ⑦:紅月カレン
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

               /  /       _
                W  ′      ヽ`ヽ
               {  l         } }
                 从  マ         ノ ム
               丶  `ー-r‐--<_.ィマ三ヽ_
               r--、_>--、l!  }! \ マ三三ニ}
          ,. -‐ヽ○)、 ヽ  |l  l!  .}_}三三ノ
      r -<     ド 、 `<} リ_ l!_/   ∠7 ̄  ̄ ̄ =‐-、
     /       、   i}   > -‐ 、, ‐- 、  /○)   /     ;
           \    リ./ /^ 、   /^丶、ヽ /  ., '/
      l       ヾl ー=イ   ,へ、ヽ / ,ヘ  ヽ\ー、{/      ′
     |      } /.!  /^ミヾ ∨/彡ミヽ  i ゝ l        /
.      |   、_ イ ./l  ,'三ミミx、{〃彡三.l  .|ヘ `ニ=-    :′
.      |    `>  ゝ!   l   ̄ ̄ ̄ ̄  |  l_ノ  丶_,   !
     l   ー=''´ _,..イl   l、 __ ___ __| .l    ーニ´   |
.    l  // ̄> ノl _ィf≧z。.,_  ,.。ェ≦=、! ト   ー=<\  .!
.     l//ー=ニ ィ .!  | 弋;刃   叱;;う,.イ |ノ <_  \\l
    {/ム      イ l   l //// j   //// l .ト´ ̄`     /ヽ{
       ̄ム     }从 仏、  __`_     ,.l .l      / ̄
         ハ      ム. l彡>._ 辷 - う_..ィ刈 .,′     /
        :      ム !广 ̄  ̄ ̄ ̄≧ュl./       /
        l    、   ム', `> 、_ _,.. ィ ,リ'       /
           !    :} / `ゝ ___ _ノ从   !.  ′
           l   .リ,ィ   /::/:::::::::ヽ:::\ ム  {:.  l
        从  /   /::::イ{:::::::::::::::}ト、:::\ `:、ヾ |
          }/_...-‐ ==== ===‐-≠‐-.\リ
      __/二ニニ=-‐─三二ニ=ニ二,三─-=ニ二ヽl
   <⌒> ´       `ヽ√`vー...-‐イ´{_/  / ヽ(^ マて_
    }/               }、. ::::://   `V      \て
   , ' .::::..                ヽY/                  丶
.  /..::r-、::::..             }′            ..:::rtュ..
.  ,'::::::込ソ:::::                 :                :::::ゞツ::::. マて
 .:   :::::::::::::                 i                 ::::::::  'ふ
 l                      ,:                       l
 :.                      从                     .:
..从                  //ム                      人
. ⌒::..               , '┬┬丶                 , '⌒`
    丶           _..イ::::::|::::|::::::::>.._            ,.イ
       ` =‐- r -‐ <_二二二二二_ ` =‐-- r  -‐ ´
           ア´(○《 紅 月 カ レ ン 》) `ュ
            {ン/  ̄ニ三 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾ(  ノ{
           /   /⌒`√   ̄ ー ̄_ 二 Y 人

381 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/06/02(日) 02:09:12 ID:IlVwd2h.

紅月カレンは、機動兵器のパイロットである

最新鋭ナイトメアフレーム『紅蓮弐式』を操り、
世界征服を企む悪の組織『超級覇王電影団』の機械神をなぎ倒すのだ!!

資金と資材を普段に注ぎ込んだ機械神をことごとく粉砕される
超級覇王電影団はカレンを親の仇の如く憎んでおり、
ついに策を弄して紅蓮弐式を捕獲、仇敵カレンを大首領の元へ献上する

カレンを捕獲した組織の大幹部、ヴィレッタは首領に向かって進言する

憎き紅月カレンに積年の恨みを晴らすべく、
その素晴らしい肉体を貪り、恥ずかしめてお楽しみください、と・・・・・・


だが、ヴィレッタは知らなかった

仇敵カレンと、大首領やる夫は家が隣同士の幼馴染であるということを

そして、やる夫の部屋の片づけをしたカレンが、エロ本の隠し場所を知っているように、
やる夫もまたカレンの部屋をこっそり漁って、カレンの性癖をほぼ完璧に理解していたことを


巨乳ものとソフトSMものDVDの山を所有していたやる夫と、
やる夫のコレクションをこっそり持ち出して鑑賞していたのに加え、
緊縛エロ本をコレクションしていたカレン


お互い正体を知らなかった二人が
組織の捕虜尋問室で顔を合わせた時・・・・・・


二人は顔を真っ赤に染めながら、傍らの如何わしい道具を見つめ、
目の前の相手の瞳をまっすぐに見つめ合い・・・・・・

カレンが一つ、首を縦に振る

そして、尋問室はSM系ラブホテルに変貌した


次の日、妙にほっこりした笑顔で執務室に現れた首領に向かい、
ヴィレッタはいぶかしげな表情をむける

そして、カレンをどうしたかを尋ねると・・・・・・

              オモチャ
やる夫は、新しい肉奴隷をヴィレッタに紹介するのであった



ちなみに、ヴィレッタはその後湧き出てきた新しいエースパイロット、朽木スザクに頭を痛めると同時に、
自分の隣で常にキャッキャウフフなピンクオーラを出している上司とその肉奴隷に、
始終小言を言って過ごすことになる

382 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/06/02(日) 02:35:36 ID:IlVwd2h.

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                ⑧:ミレイ・アッシュフォード
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                             ___
                          , イ"´    ` ヽ、
                        / イ´   __ `ヽ トヽ、
                      /  ,,, -ー"´ -ーー  、} ヽ ヽ
                    / ,, イ  , イ   ,,    ハ ヘ ヘ
                   ./イ   /_  ,イ    /ヾ', ', ',
                  /   /  ´  7 ヽ、_ -ーイ  ヘ  .', ',
                //  /   / 斧芯"´ `    ',   ヘ }  !
               ./  イ/,'   /イ'ド或 }    - 、ヘ  ヘ ', |
              //// {   / //////    ァュ  ト、  ! ! !
             / (  /  ',  ハ}        弌砂 〉|   | ||
       ,、    〈   ヽ{ {  丶{ |ヽ  ヽ、 '  //// }   / ',|
     .,''ヽヽ    /ヽ、   \'. '. `ヽ| ヽ   `   /// // / ハ
    イヽ ',ヘ   { イ ハ`ヽヽヽ |   l  `ー―イ"/ /// / / ノ lハ,,、
   イ ヽヽ ヽ  ィヽ∨ィ---', ノノ   ノ!     ヽ,' //  // /// ィヽ
  ! 、 ヽヽ_! .! ハ、ミソ{ ヘ `" |"´/ ///      ゞイ  //ヽイイ/ .!/ / \
  |  ヽト'  .,'  ヾ イハ `ー--イ  イ/ー-   "´ ハ  / | ヾ∨,'  } ,' /⌒`}
   \    ',    /   `二==イ //        ヘ `ヽ-ー`'´ノ| |  |,,イノヽ ノ
    .\   .',   /   ヽイイ、_イィ         ヾヽ--‐ーイ ! }    /
      ',   ヘ  /     j               ヾ  !    .|.|   .|
      .',    ∨    /         ヽ /       ヽ   .|    |
       ',    ヘ   /           ','         \  .|    |
      ヘ    ヘ /            .|          ヽ |    .|
       ヘ    ∨             !            ヽ   |
       ヘ    ,'  .....           |            ',   |
        ヘ   |  ::r_;:::          |             !   !
        ヘ  ヘ  :`´::           l        .....    ,'   !
         ヘ  \            人       :::r_;:: ノ   ,'
          \  \         ./ . \       `´/   ./
            \_ノ`ーーl ー--ー"´     `''''''ーーー ヘ"´ ヘ  /
                  /                ヘ  `´
                 /                  ヘ
                /                    ヘ
               ./                      ヘ
              ./              ツ         ヘ
             /                         .ヘ
            /                           .',
           /                            .',
           !                             ',
           |                      /       |
          j                  、  /         |
          |              \   ノ'_ノ          j
           !              ./  ̄ {             .|
          j              /    ',             |

383 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/06/02(日) 02:36:06 ID:IlVwd2h.
名門『アッシュフォード学園』の生徒会長にしてオーナー一族の令嬢にして、
学園の経営責任者である

成績優秀、容姿端麗な彼女は学校内にファンクラブが存在するほどの人気を誇っており、
男女問わない信奉者が多いのであるが・・・・・・


絶対に世間には晒せない秘密があった


というのは、近年の生徒数減少による学校経営の困難化、
ぶっちゃけて言えば、資金難が原因であった

それをどうするかと言えば、金策に奔走するしかないのであるが、
政財界にコネがあるわけでもない小娘の融資願いを聞き入れる銀行など存在せず

せっぱつまったミレイは、思いつく限りで最悪の、だが最高の効率であろう手段を選択する

それはつまり、自分の身体を、資産家、政治家に提供するということ


当然であるが、その取引は口約束にならざるを得ず、
確実な履行を求めるためにミレイはひとつ手を打つ

学園の放送部に所属し、ビデオ機器の扱いにたけた生徒、やる夫を自分の仲間に引き込んだのだ

学園と自分を取り巻く状況を正直に話し、協力を依頼する

無論、ただとは言わず、ミレイは自分の初めてをやる夫に捧げると申し出る

入学してからこちら、美貌の先輩にあこがれ続けていたやる夫は悩んだ末にそれを承諾した

そして、数か月後、学園内に秘密の撮影室がしつらえられる

さながらラブホの如くさまざまな道具が揃えられたその部屋は、
一際大きな鏡が壁にはめ込まれており、ミレイの身体を貪る客は、
乱れるその姿をミレイ自身に見せつけ、その恥じらいを楽しむのである

その鏡の向こうで、やる夫がビデオカメラを回していることには気づかずに

そして、客が帰った後でミレイはやる夫を部屋に招き入れる

やる夫は、男の欲望に穢されたミレイを風呂場に引きずり込み、
乱暴ともいえる手つきで洗い立て

客の残した残り香をすべてそぎ落とそうとするかのように、
ミレイにのしかかる

暗い秘密を共有し、これ以上ない絆で結ばれ、ひたすらに自分を求めてくれる男が、
自分の体中を嘗め回し、撫でさすり、穴という穴に欲望を注ぎ込むことで、
ミレイに向けて、心は自分だけのものであれと行動で訴えかけてくる

女として強烈に求められることに喜びを感じ、
この歪んだ境遇に突き合わせてしまった罪悪感を噛みしめながら、
ミレイは重ねられた唇の隙間から忍び込んできた舌に、
己の舌を絡めて、やる夫の情熱に応えるのであった




389 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/06/03(月) 18:28:28 ID:oi9bxSVE

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                ⑨:巴マミ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

            /:.:.:.:.:,.>―      ―<:.:.:.:.:.:\
        ヽ _  '《:.:.:/             ヽ:.:.:.:.:..:〉
      >―,.≧ミ、 V       ト、  ヽ      V/
  ヽ、_/   {{  Y /  /  :/  / ヽ :| |    :ハ
   >     》-ノ./   |  /|  /   | | :! i    |
  /    _  || | |   |  | |  |   _」../-ト、! !   |
  | / /   乂 ! |   | ,イ !  !    j/_,.j/  V   !
  レ'  {  ,イ   Y∧   _jヘ_L Vヘ!    ィf_芯` 〉   厂ヽ. ‐┐
   ヽ ∧/ j / {{ ∧  | ,.ィ芯      ゞ-' /  〃      「 ̄`ヽ ,.-、
    冫-、 '7⌒Y乂_人  「代ゞ'      :::〃::/_,. イ  }    |ヽ    V⌒Y
    {{⌒) /   |    {八>::〃::  `    ´ 人/ /     / ノ   | ,ノ
r 、 __乂-、{   |    ヽ_ヘ     ` ´   ,. ´ レ'´ ̄ ヽ ∧/と7Tヽレ'〉
ヽ V /「`ヽヽ_八>'´___二≧=-   _,.イ八_/-――<-=≦_〈:V ∧/
 〉ヽ〈_∧ \ \_}}ニニ}}ニニニ}}__ ̄]] ノ厂/_∠ ̄ ̄ ̄ ̄   / 〉-':.〈
|:.:'´:.:.:.ハ  \____,. -=≦二|___{_}_ ̄ ̄ !_二ニ=― '´ ,.┴=ミ、}
|/ ̄\|   /__/    /_ / / \ \‐┘     \ ̄\「 ̄ ̄\\
.冫'´ ̄ ヽ  //   _/  く /     \ .> ―=ミ、    \  |     \l
/   ヽ  レ' / / ̄_/       i!            ヽ`  、. \!       ヽ
|     〉' /  //´           ;             V∧ \ j     /
.\|   :| ! /           ;             V∧  〉   /
  !   | V             ,'               V j/   :/
  \  !. / . . . .           i                 | !   :/
    \V: : : : : : :          ,!      : : : : : : : : : .  !/   /
.      |:r,: : : : : :        /八     : : : : : : : : : : :  |__/
     八ゞ:': : : : :        /_ _.ヽ    : : : : : : : _: : ,' 八
      ヽ: : _,.ノ    ,. イ‐┤| |├.\  ヾ: : : : :(ッ:ノ/
            ≧=‐<:ハV:.[[二二二}}) ≧-  二二 イ
                  〉:.}}:.:.:.:.:.| | | |:.:.:.:.:.:.:.:.:〃:.:.:.{
             /:.:.}}:.:[[二二二}}):.:.:.:.:{{:.:.:.:八
         ____/、:.〃:.:.:.:.:.| | | |:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.:.:へ_,. - 、  ____
   __/ ̄  ___\ミx、:.[[二二二}}):.:.:.:.:.:.:》彡'_/´<   ̄      ̄≧=-、
 ,イ     /      >、ミヾ:.| | | |:.:.:.::.,.彡'_>'´    ` 、         ヽ:ヽ
. |:::|_,. /      /   |\`ミ!:| | |彡'/ /    ヽ      ヽ      \.|:.:.|
八::L__/      /      !  \」:j:」/  /      \     \       ./:./
  \::::\_     /      \         /        \       ヽ    /:./
    \_::\ ./´ ̄ ̄ ̄:\ \      / ,. -――――-、ヽ     \/:.:/
       \::V/ ̄ ̄ ̄\:.:\ \  //:.:,.-―――-、:.:.:.:.:\   /∧V

390 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/06/03(月) 18:31:18 ID:oi9bxSVE

『ボクと契約して魔法少女になってよ』

魔法の国、ドギマギランドからの使者、キュウべぇと名乗る
珍妙な生き物の口車に乗ったのは、もう何年前か

巴マミは、ベテラン魔法少女として活躍する15歳

そのベテラン魔法少女の長年の悩みは、
自身の活動内容であった


魔法というのは根源的な人間の欲求がその力の源となるのであるのが問題なのだ

食欲、性欲、睡眠欲

そういう根源的な欲望の強い者が、強力な魔法使いになる素質を持つ

ベテラン魔法少女であるマミも例外ではなく、
そのうちに強力な欲望を抱え込んでいるのである

で、その豊満な胸の内に、どんな欲望が溜めこまれているかというと・・・・・・

食欲は腹が減れば物を喰えば解決してしまう

睡眠よ欲居眠りで解決してしまう

よって、マミが溜めこんでいる欲望は、性欲なのである

というよりも、魔法にかかわり、行使するものはほぼすべて例外なく
性欲が強めというか、激強のむっつりスケベな訳だ


つまり、ベテラン魔法少女巴マミは魔法を使うたび、魔法がらみの事件を解決するたび、
劣化ん如く燃え上がるムンムンむらむらを自覚してしまうのである

新米魔法少女の頃は、それが何なのかよくわからなかったため、問題にはならなかった

問題になったのは、性に目覚め始めた小学校卒業前辺りから

最初は軽いオナニーだけで済んでいたのが、
すぐにその刺激にも慣れてもっと強い刺激を欲するようになる

そして、いまや魔法少女として活躍した直後だけではなく、
毎夜ムラッと来るごとに変身し、近所に住んでいる大好きなお兄さんを襲うコスプレ痴女

それが、巴マミなのである


そして、マミは今日も近所の・・・・・・

やる夫の部屋の窓を叩く


『やる夫さん!! 今夜も来ちゃいました!!
 今日は安全日だし、ナマでやりましょう!!
 明日は土曜日だし、回数記録に挑戦するのもいいかもしれませんね!!』

391 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/06/03(月) 18:31:37 ID:oi9bxSVE

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                  ⑩:高良母娘
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


        /  ̄`.、 ´  ̄ ^ 、                           ,:'    ` -/ ̄ Y
        ,.l    ヽ.      \、                        /      /     {- 、
     ,.: ´ }      ‘,      `:. 、                   /       ,:        l   `:.、
   /     ′       :.           `ニ ー-               ,. : '´    / .:/               \
  :'                 V、 ヽ   ` :. ` `ー- 、   , -‐ァ´        ,:'  /,' ,:            :.
 :'      }        ! l ヽ __ V:._     ヽ. \       /   ,:'      /  / / /    !            :.
/     ;     l    l  l  ', 丁¨マ   ':,、 :ハ    .,: :イ  / /   .7:T .ア / /   !  ! l        ',
'   l  ,′    .l /  ,l! l   l Vlz,_ ヽ:.  Λヽ:j     l:/ l ,'l j   /,} l ,'  ,'/ V  ;_l_|   l     !   :,
!    ', /     .,.ィ´  ,' l .,'  l アオ尤v .l:l  l: }       j  V l;! l ,' / , V   l:   }  フi メ、  .}      l    !
:.   V    ./ ,j  /z=;/  ,:'  ヒ_,ノハY,:l:V,:/           八 .V:} _,zォ、  ', / ,/:/ l:.  ヽ,′   ,:   ,
:.    l  l    /: ァ'心`   ヽ   Vぅ:ソ V:.}',          / , /: :y ´ ̄^`   7/__〃 V  /     /   ′
‘,   ! l l   /:〃YこΛ,   v -:.、¨´:/:.!ノ:ハ         /   ,:'  V .:::.::.      ァ=-ミ、} ,:'      '  ./
  :.  .! ハ   !仆:,ィ:J刈!  .::.}  ' `ーァ':_: Λ       ,' /,ィ!:   {    '            `V'      ./  /
.  ヽ  l /V   l Λ ヾ:cン :i:/i:/  _,  ./:':, ヽ: :\      l:/!:/ l  l:Λ  、     .::::.:::.   ,:'       ,'  l .'
    ,Ⅳ Vマ{ Λ、..:i/i.:i:/   ‘′, :':、.:‘:, Y : :` :.、  l V ! .У:{ ,l‘ ,    ̄        /       /  l .!
.     ':     ,V ` ーハ _¨ ̄     __,/ 、l:. > -=‐<: :.≫-‐…- < ! v ヘ、_     __,.:'       /    ! {
    l     ‘,   ‘:,   ̄ ¨7   / У       ヽ        ヽ }/ i 丁   ̄ // /     .′   lΛ
      !    .:l:V    ゙ .、  ′  ,:  ,:          !        :.  ! /     ,: /:/!    ,’!     }  ',
    !    l: %      \                ,’             ,:′     / ,: / }   /: l   ,:l  l
     ,!     l :,' ヽ.     \  _,  l        .:'         :.  、_     ,' l: , ,:   /:./   ,:/!  l
    ,/     l:/   %      ゛<、  〉'´ ̄ ¨` :.、!     _,.. __  /    ` 、     l/ / :/'V  /!/ }/l/
  /:/    , '       V    ヾ :、.:          ヽ.γ´      `丶     \    ノ/ 〃 V/
./: :,:'      .:         ',      V }          ゛:.         :.      ` -       ‘,
        V         /}   . : :l リ            }                         }
: : /   /  ::{        ,:l   : : :l              ,'          :. ,.- 、‐ 、r- 、    l
: ,:'       : :l /¨7⌒>- 、__!,. : : : :/               /               /ニ  ̄` ヽ .l    ,’
:/      .:,' / /  / ノ: : :/              ,:           {./ ,  `     Y     /
        ,: l '  '  / /´}: :/.、             {              / ,ィ       /   , '
:. /   .l :. {        ' ` <    ヽ              !           ァィ     ./   /
: /    ! .:へ         ‘,    \           ノ!          / ,′    / /

392 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/06/03(月) 18:31:58 ID:oi9bxSVE

高校二年生の文化祭から始まり、大学に入って本格的に付き合いが始まったやる夫とみゆきの青春は、
お互いが大学生になってからは一層深い男女の関係となっていた

母一人娘一人で暮らす高良家、母ゆかりも朴訥な人柄のやる夫のことをたいそう気に入り、
度々手料理等を振るまい、もはや二人の間は公に認められるところとなっていた

そして、大学二年のGW

ゆかりの誘いを受け、やる夫は高良家の母娘を温泉旅行に連れていく運転手役を仰せつかる

レンタルのミニバンを運転すること六時間、未だ若葉マークのペーペードライバーが疲労困憊して到着したのは、
山奥に鎮座する老舗の温泉宿

家族用の離れを借りて、二泊三日のバカンスを楽しむのがプランであるが・・・・・・

運転で疲れ果てたやる夫は、軽くひと眠りした後で、酒と食事を楽しみ、
早めに布団の中に潜り込む

そして、やる夫は妙な感触を感じて目を覚ます

明かりの消えた六畳の和室、中央にしつらえられた布団にはやる夫だけではなく・・・・・・

ゆかりがやる夫にのしかかってきて、浴衣をはだけたやる夫の胸に手を這わせていたのだ

驚くやる夫に向かい、ゆかりはそっと人差し指で唇を抑え、
酒の香が残る吐息と共に、静かに、とその耳元に告げる

『みゆきってば、去年あたりから急に綺麗になったのよ

私も、若く綺麗なままでいさせてほしいな・・・・・・』

そして、ゆかりはやる夫の唇に唇を重ね、そのまま下へ下へと伝っていき、
いきり立った欲望を口に咥えこむ

その後はもう歯止めがかからなかった

みゆきとは違う、熟れきった爛熟の肉体の味わい深さ、貪欲に快楽を貪る欲深さ、
男を悦ばせる手腕に、ツボを心得た媚

みゆきを相手にするよりもはるかに昂ぶったやる夫が、
四つん這いに組み伏せたゆかりの膣内に大量の精液を注ぎ込んだ瞬間

隣の部屋へと続くふすまの隙間に、みゆきが立っていた

焦るやる夫に対し、こちらもまた酒がたっぷり残っているみゆきが、
ゆかりの尻を抱え込んだままのやる夫に抱きついて、情熱的に唇を重ねて舌を滑り込ませる

『やる夫さん!! お母さんにしたことよりも、もっとすごいことしましょう!!

 私、お母さんになんか負けないから!!』

母親相手の宣戦布告に、ゆかりも苦笑を浮かべてそれを受ける

『もう、みゆき 悋気もほどほどにしておきなさい

 別にやる夫さんを取り上げやしないわ、時々貸してほしいだけ

 とりあえず今夜は、一緒に・・・・・・・ ね?』

娘とのキスに熱中する若いツバメは、大量に射精した直後の癖に硬いままのそれを、
ゆかりの膣内から引き抜き、みゆきの浴衣のすそに手を入れている

そのまま布団の上でやる夫を腹の上に乗せ、あられもない声を出し始めた娘を見ながら、
ゆかりは二人がつながっているそこに向かって、舌を伸ばしていた

こうして、やる夫は爆乳美熟女と巨乳女子大生の二人を相手にする性春を送ることになるのである






402 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/06/04(火) 17:52:43 ID:tqUhfp2Q

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                ⑪:柚原春夏
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                _,r-‐- .、_ ,..-‐-┐_
      l         /.:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::';:::.`ヽ
     l        /.:::::::::l:::::::::::::::::.ヽハ:::::::::::::::::::::ト
.      !      |:::::::::::::::::/.::::::::::/iレ::::::::::';:::::::::八|
.      l      /.::::/:/.:::/.::/_:_:::| i|:::::|:::::::}::::::::::::::.\
   {  l    /.::::/:/.:::/ィ/「/l/l:|八:::ハ-:::}:}::::::::\:::::::.
      、__ イ.::::/:/{:::::{:/x_テミ八 ノイノ-川::::::::|i:::|ヽ:::}
      ヽ〃〃:/:/:{ヘ::::i'化:::;i{     , =ミ イ:::::::八:l:::ハ
       i:{:::{::::{/.:人ハ::{ ´     ,   ノイ::イ:::::ル′
  、 .     八:::ヽヘ::::人:::::ゝ  '' v=ァ '' 八/八:ハ      , '´ ̄ ̄   …‐-
    ヽ  ;;;;;; / rv‐vヘ-=ミ`ト .   ー'   イ(:/  )         /
    } ''゙゙゙ ̄ ̄しヽ.〉ノ`し{_`ヽ>  イ人l )          /
          . : : : : : : :_/´ムノ}    ` --‐…‐- ミ   /        ^Yヽ
       r┬‐v-‐='´ ノ,∠ニ=-‐…-           `ヽ, '          | | l (ヽ
    i   ;;八 ′.  ''^7:i::)::.   u             '        |`V| || 〉 〉
    | .::ノ/ /    ∧:::.:ノ                /          | j」 l  V / }___
    「   ,'/                      ハ   /        \       Y
.    l__/         {   U      i   /  u/           ハ      ,ノ
     Y.::ノ       、       ij  /   /             ′〉  /
.     i、           ノl`  . ___ .. イ     /                '   /
.     | 丶.    . イ l           J    /                i  /
      !   `T二{  ij l           ,/              |/
     !    ノ /l             -‐=ニ7      u        i/
     l   /              ´   /                  ; \
     |-‐彡    '   l           /                  ;.  \
     |         i   j          ′                   \
     |        l              i              u     ′
     |       l          l               ,′
     |      |          ヽ                /
     |       { ヽ                          /      /
     |       |   \                        /    /
.      ノ       |          \  ____`ヽ     .イ、  /
ー― '"         jニ=-―    ‐- 、  `ヾ´ つ:.:.: : : ` < __ ,>'
          .  ´           、  \_):.: : : : : : .  ;;;;;''
        /                   ` ‐-i`u-= :_: : . ;;;;''゙
       /           u            | | ij  ノ`ヽ;;;''゙

403 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/06/04(火) 17:55:32 ID:tqUhfp2Q

行き慣れた商店街の、見慣れない小道の先に見つけた小さなアンティークショップ

気まぐれでそこに入った春夏は、饅頭のような異相の店主に、
売れ残りだという妙な三個セットのアロマを売りつけられる

『願望を夢で満足させてくれる』というのがそのアロマセットの売りであり、
半信半疑どころかまるっきり冗談としか思っていない春夏が、
その夜アロマに火をつけたところ・・・・・・

夢の中で、娘の幼馴染の少年が情熱的に彼女を押し倒し、
つたないテクニックと激しい勢いで、
燃え盛るような甘い一夜を味わわせてくれる夢を見たのである

次の朝、じっとりと女が濡れているのを自覚した春夏は、
その夜もまた同じセットの中の色違いのアロマに火をつけた

そして、その夢の中で・・・・・・

春夏は、昨夜よりも女慣れした様子の少年に翻弄され、布団の上で善がり泣いて許しを請い、
みじめな言葉でおねだりをさせられた挙句、膣内に灼熱の欲望を受け止めたのだ


起き抜けの記憶にも生々しい、少年の体温さえ感じられそうな淫夢から覚めた春夏は、
最後のアロマを見つめ・・・・・・

その夜、生唾を飲み込みながら火をつけた

そして、今度は・・・・・・

少年とその幼馴染の勝気な少女に、二人がかりで嬲られたのだ

女ゆえにわかる責めどころを繊細な指でくすぐられてむせび泣き、
蕩けた身体の中に硬い肉の棒を受け入れる

大きく開いた足の間に少年を迎え入れて、甘い悲鳴を上げる

たっぷりと白濁を注ぎ込んでもらった後は、口で元気を取り戻す

少年と少女がつながっているときに、少年を受け入れている少女の女の隣、
尻穴を嘗めて二人を悦ばせて・・・・・・

春夏は、全身を寝汗でべっとりと濡らして、淫欲の限りを尽くした夢から覚めたのである

夜な夜な過激且つ鮮明になる淫夢の中で、
誰はばかることなく、心行くまで女を楽しむことを覚えた春夏は、
再び件のアンティークショップに足を運ぶ

そこで得られた返事は、あれは売れ残りの最後だからもう在庫はないし、
再入荷の予定もないということ

何とかして同じような効果が出るアロマはないか

ほんのりと頬を染めつつ問いかける春夏に向かい、
店主は唇を釣り上げるような笑みを浮かべて、背後の棚からアロマの小箱を取り出した

『これは同じような効果がでますが
 夢の中で、とは限りませんお?
 それでもよければ・・・・・・ おひとつ、どうぞ』

これまた安価で、札一枚で釣りがくる

六つセットのそれを買った春夏は、それを胸に抱きしめるようにして帰路につく

一時間ほどの後、自宅に帰り着いた

アンティークショップの後に立ち寄った店の品物をベッドの上に並べ、真っ赤になりながらそれらを眺める

そして、買ってきたアロマに火をつけると・・・・・

濃密な香りが部屋の中に漂い始め、扉の隙間から抜け出て家の中を満たしていく

そして、春夏は箪笥の奥にしまいこんでいたとっておきの下着を身に着け、
買ったばかりの道具を抱きしめるように抱えながら、
ふらふらと娘の部屋へ・・・・・・

娘と、その幼馴染の少年と、勝ち気な少女が居るはずの部屋のドアを開ける

『ねえ、みんな・・・・・・

 気持ちいいこと、しない?

 きっと、すごく・・・・・楽しいわよ?』

ピンクのベビードール一枚という春夏の姿に驚いた娘たちの瞳は、
アロマの香にうなされたかのように、淡いもやがかかっていた

そして、誰ともなく視線を合わせ、首が縦に振られて・・・・・・

少年が、春夏の手を取って準備万端の熟女を床の上に引きずり降ろした・・・・・・


丁度その時、件のアンティークショップで異相の主人はにやにやと笑いながら独り言をつぶやいていた

『貞淑な人妻が、娘とそのお友達、彼氏相手に大ハッスル、ですかお

 脱童貞一人、ロストバージン二人、不貞の味一人前

 このアロマ・・・・・・  こっちの方でヒット商品になるかもしれんおね

 人間を堕落させるにゃあ、えろを使うに限るってもんだお』

404 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/06/04(火) 17:55:49 ID:tqUhfp2Q

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                ⑫:シオニーちゃん
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                         -― =ミ 、   ィ≠ミ、
               -==x≦: : : : : : :≧=ミヽ/:/   ヽ
               _  /: : : : : : /: : : : : :Ⅵムへ   }
               {:r'/ : : :-一/: : : : : : : :ノノ : ハ: ハト、 ハ
              .乂`ー―: :イ: : : :_: :.__: 彡:': ノ: ノ': :}: V: :}
.       ィ≠=≦: : : >: 彡: : : : :´.___.ヽー..≦彡 .イ イ:ノ:イ
.     〃   /: :/: : : : : : : : :/.乂r心./: :/ー{、:|: ムイ
.      {{  {:{/ : ー{==≦: : : : :/.ト、.ー=彡 イ ッ }: }八 :ノ
.        乂ー<:_:_:_:_:_: :イゝ...{::::\::::   .} `彡ヘ: : ヽ乂
         {: :{ >:――一 :´:/.ヾ、.   \ _ .' .::: 人: :ヽ: :ー `
.        ヽ:〉人:Ⅵ: :{ { : : ':{   ≧==〃∴Yィ...、: \: \
            .` <:ヽ、: : : . 三ニ\...ゞ=イイ:ヽ}\: : ー':}-イ
         __ . ハ:}: : \: : .≧=>.イ´≧.:ノ}  ヽ ̄.:
       /  `ヾ:./: イ: : : : ヽ . { <_ノ 水二ニ . ':\  \
        /     .{V´}: :ハ: : : } /´ ̄ `ヽ.イY}>- ― -
       .|         \:ゝ }}ィ :::rッ::::.   Y イ        \__
       .|          } ヽイ≦{ ::::::::    Vj=z ....ij    .::::Y
     .八        .ノ   } リ{         .八}、   ゚      .::|                      _ 二二二 _
       }      イ   .リイハ      /イr=}=-. _       ノ                .ィへ'             `ヽ
       |          /、_:_: :}_ . ..ィ≦イ}}}⌒´≧=-zzイ_              ィ≦////>、             ‘,
       弋         . イ二二}:l|、 ,ィ≦イ       _`≧ミ=-z、         >‘    .\////\           Y
        \__ / /    \!ィ彡イ      _.ィ≦彡’´⌒ ¨¨ ¨´ `  -==ニ.. イ          \///ハ             .}
     _ ニ=-  ̄ ̄ ̄ ̄  =- .z、,ィ、  _..イ彡                                ∨//∧       _ノ :
   , ´   、            ヾ\\'<          .U                           ∨//ハ     〃  ,′
  /      ヽ . _          ∨/∧  ` =- ._               r,、                Ⅵ//}}     ./   ,′
  .{          ` .、        .∨/ハ       ー--        }:ハヽ  i            }///}    /   .,′
  .|                \         ∨/ハ                 、   V:}ハ  }            Y//l〉   .イ   .,′
  .:               ヽ         ∨/∧             \  } i: }}  |            {///! .イミ 、  ./
 .八                 ‘,     .}//ハ                 ヽ Y: リ 八     U       ,f//ノ三三三\イ
    ヽ             __:,      .|////}                  ‘,!:/ ./            /三三三三三/
      \       ,ィ≦三三三∧      |////|                   j' .イ             イ三三三三=/
       \   ./三三三三三=∧    .|///lリ                   ij ..}´          /三三三ニニ./
        \ /三三三三三三;ハ    リ///                 ,′         ./ |三三三ニニ./
         ヾ三三三三三三三=}≧=イ/;イ                /            イ  {三三三三/

405 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/06/04(火) 17:56:10 ID:tqUhfp2Q

とある地方都市、駅前のオフィスビル街の一画

終業時間をとうに過ぎた、灯りの落ちたビルの一室で

シオニー・レジスはあられもない姿に縛り上げられ、大きく見開いた瞳に涙を浮かべていた

隠すべきところすべてをさらけ出したシオニーの目の前にいるのは、
彼女の部下であるニューソクデ・やる夫

ボールギャグをかまされ、涎を垂らしながらうめき声をあげるシオニーに向かい、
やる夫は黙ったまま手に持ったデジカメのレンズを向けた

薄暗い部屋の中、フラッシュに浮かび上がる緊縛された女の姿

たっぷり時間をかけてその姿をデータに収め、
やる夫はネクタイを緩めながら無言のままシオニーに近づいていく

男を迎え入れるために四肢を固定され、自由を奪われたシオニーは
あるはずもない奇跡を願うかのようにもがき、逃れようとするが

やる夫は、それをあざ笑うかのように、
手の平の中に隠し持ったリモコンのダイヤルをひねる

と、むき出しになったシオニーの肉の割れ目の中で、
くぐもった振動音が響き始める

シオニーはくぐもった悲鳴を上げながら体をのたうたせ、
薄いゴムに包まれたローターを飲み込んだままの割れ目から、
大量の涎を溢れさせ始めた

やる夫は、床の上でのたうち、徐々に白い肌をピンクに染めていくシオニーの姿を
存分に愛でた後で・・・・・・

四肢を緊縛されたシオニーを、冷たい床の上に突き飛ばすようにして押し倒し、
柔らかな尻肉を広げると、その間に息づくすぼまりにいきり立ったものを押し当て、
一気に腰を進める

割れ目から滴った愛液で濡れていた尻穴は、苦も無くやる夫のそれを飲み込み、
背徳の穴でやる夫を楽しませ始めた・・・・・・・


そして、三十分ほど後

『ねえ、シオニーちゃん?』

『馬鹿者、もう主任、だろう?』

『じゃあ、主任・・・・・・ こういうの、やっぱおっかねえお』

『怖がるな、他の連中は帰ったことは確認済みだし、
 これは婦女暴行じゃなくて 合意の上のレイプごっこだ

 見つかっても、お前が逮捕されることはないし、
 責任を問われたら私がそれをひっかぶってやるから安心しろ』

『・・・・・・それ、主任がクビになりません?』

『その時はお前の所に就職させろ
 こう見えても家事はそこそこできるし、飯は美味いぞ?』

『・・・・・・次はさあ
 普通にホテルいって、らぶらぶなことしようね?』

『うむ、お互いの趣向を交互に満たしあおうというのは約束だからな

 だからまあ・・・・・・

 私の趣味にも付き合ってくれ

 これをやると、ホテルでするよりも硬いし、大量に出るし

 お前だってこういうの、嫌いじゃないんだろう?』

乱れた着衣を整え、シオニーはやる夫に向かって腕を差し出す

やる夫はため息をついてその腕をとり・・・・・・

二人は、より添うようにして家路を急ぎ始めた

明日は土曜日

今夜、二人は眠る暇がなさそうである

406 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/06/04(火) 17:56:32 ID:tqUhfp2Q

            , -‐ ───‐‐- 、
          /            \
      /              u  \
     /     U               `、 ゼェ…
      ,'                       ',  ハァ…
    i         , - 、  川   ., - 、    i         エロい小話終わり!!
     |     (( {   .}       {   .} )) |
     |:::::       ` ¨´      ` ¨´   .l         美鈴さんとかリンディさん出してもいいんだけど、
    !:::::::   U  ______      !         フェイトそんが嫁のやる夫でたっぷり弄ったしな
     .',:::::::      |____|     !
     ヽ::::::::::     |        |     /          そっちとかぶる人は意図的に排除してる
        \:::::::   |        |   /
          `  ‐- .|___ _| - ゙            じゃ、次回こそ親父の後妻でござんす









関連記事

ファサリナさんだけ切なくてエロくなんて全然ないんですけど
やめたげてよ・・・幸せにしてあげてくださいよ・・・!
[ 2014/04/12 15:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する